復興イベント「ふたばワールド2014」向けにロドニーが巨大アートを描き下ろし

東日本大震災以降、離れ離れに全国へ避難している双葉地方の住民の交流機会を創出することと、ふるさとの復興に向けた意識を高めることを目的にした「ふたばワールド 2014 in かわうち」が2014年9月28日(日)に開催されます。
川内村は「蛙の詩」の詩人、草野心平のゆかりの地でもあり、モリアオガエルの生息地としても有名です。
ロドニーは、みなさんの願いである「ふたばへカエル」という気持ちを込め、川内村のふるさとの原風景の絵を仕上げました。イベント当日には、来場者の皆さんがカエルとふたばのステッカーに書いたメッセージを貼って、絵を完成させます。
双葉地方の8町村(浪江町、富岡町、大熊町、楢葉町、双葉町、広野町、川内村)の7万人あまりの大半の方々がふるさとを離れて避難生活をいまだに余儀なくされています。


イベント名:「ふたばワールド2014 in かわうち」

開催日時:      2014年9月28日(日)雨天決行  入場無料

開催場所:      川内小学校  (福島県双葉郡川内村大字上川内字沼畑125)

ロドニーのイベント名:    「みんなでつくろう巨大アート」

ロドニーのイベント開催場所:    るんるんるるんぶファクトリー(まるごとふたば体験工房)


「ふたばワールド2014 in かわうち」の告知ページ ↓
http://www.fct.co.jp/futabaworld2014/

ロドニーが描き下ろした、ふたばワールド2014向け巨大アート



ロドニーが描いたこの絵に、来場者の皆さんがメッセージを書いた「カエル」と「ふたば」のステッカーを貼っていき、絵として完成させます。
さらに、絵の周りには、川内村の小学生・中学生が描いた明るい将来を感じさせる絵を額装のように貼って、川内小学校において永久保存されることになりました。

ロドニーの絵に貼るために来場者が書くメッセージ・ステッカー